なくしもの屋

 
 

今までに集めた、他者の記憶の中のたくさんの「なくしもの」を、シルエットとして浮かび上がらせた展示空間の制作。

展示期間中に、観覧者はそのスペースで、他者の「なくしもの」を辿りながら、自己の記憶の中に埋もれている「なくしもの」を探して、形にしていくことができる。会期中もワークショップを開催し、なくしたものごとに関する「言葉(もしくは会話)」「場所」「もの」「匂い」「色」「音」などをキーワードに、今はない「なくしたもの/失われたもの/できごと」等を探し、形にしていく。「なくしもの」に関する人々の記憶の断片を、いくつもの物語のように浮かび上がらせていき、展示会場も少しずつ変化していく。

2.   色を塗る

      2013

      寸法可変

      木、塗料、その他




6.   展示風景

3.   瓦カバー

  2013

      W36×H95cm

      布、木(展示用)




6.   ワークショップ風景

1.   人/グレー (手前)

   人/黒(奥)

   2013

      D23×W30×H32cm

      合成皮革、その他


5.   袋鳥

   2013

   かご φ28.5×H52cm

      鳥 D4.5×W8.5×H13.5cm

      合成皮革、アルミニウム、   

      その他

4.   猫袋

      2013 

      W30×H75cm

      布

撮影:島﨑陽子